PR

米中貿易協議、10月開催 制裁第4弾で後ずれ

PR

 中国商務省は5日、貿易摩擦を巡り米国と協議し、閣僚級協議を10月初めに米ワシントンで開くことで合意したと発表した。当初予定していた9月から後ずれした。米国が1日に制裁関税第4弾を発動し、中国も報復したことで対立が深まり、日程調整が難航したとみられる。

 貿易摩擦は長期化しており、10月の協議も曲折が予想される。

 5日午前、中国の劉鶴副首相らがライトハイザー米通商代表らと電話協議して決めたという。商務省は、双方が「交渉のための良好な条件をつくることで合意した」と説明。9月中は交渉団が実務レベルでの準備を行うとした。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報