PR

ファーウェイ「存亡の機」 社内文書で任CEO

PR

ファーウェイのロゴ(ロイター)
ファーウェイのロゴ(ロイター)

 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の任正非最高経営責任者(CEO)は21日までに、社内文書で「会社は存亡の機にある」との認識を示した。米国による制裁を克服するため、製品の研究開発を強化すると社員に呼び掛けた。

 任氏はファーウェイは「戦時状態」にあると表明。全力で販売を拡大し、経営の質を向上させると強調。製品の競争力を確保するため「研究開発では戦略的な投資を拡大する」との考えも示した。3~5年の戦いを経て「世界を制覇する」と宣言した。

 米国はファーウェイだけでなく関連会社も禁輸対象とし、制裁を強めている。

(共同)

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報