PR

G20サミット28日開幕 各国の「共通点」見いだせるか

PR

G20大阪サミット・インテックス大阪雑感。会場内では準備が着々と進み、多くの関係者が出入りしていた=27日午前9時13分、大阪市住之江区(佐藤徳昭撮影)
G20大阪サミット・インテックス大阪雑感。会場内では準備が着々と進み、多くの関係者が出入りしていた=27日午前9時13分、大阪市住之江区(佐藤徳昭撮影)

 日本で初開催となる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が28日、大阪市で開幕する。安倍晋三首相が議長となり、2日間の日程で米中貿易摩擦など世界が直面する諸課題について議論。29日の閉幕時には首脳宣言を取りまとめる。期間中は各国首脳による2国間での会談も行われ、29日に予定されている米中首脳会談では、激化する米中貿易摩擦が沈静化に向かうのか注目される。

 安倍首相は27日、大阪に向けての出発前、羽田空港で記者団に対し「議長として意見の違いよりも一致点や共通点を見いだしていきたい」と語った。

 G20では2日間で4つのセッションを予定。それぞれ(1)世界経済(2)イノベーション(3)格差・インフラ(4)気候変動をテーマに議論する。首脳宣言には自由貿易の重要性を呼びかける文言や、デジタル社会への対応、海洋プラスチックごみ問題への対処などが盛り込まれる予定で、価値観の異なる国々をまとめ上げ、世界経済の安定や成長に繋がる成果やメッセージを発信できるか、議長国として日本の手腕が問われることになる。

この記事を共有する

おすすめ情報