PR

楽天が5G基地局にNEC製品を採用

PR

 楽天は5日、今年10月に参入する携帯電話事業で第5世代(5G)移動通信システムの基地局にNECの製品を採用すると発表した。クラウド技術を使ってコストを抑える通信網の整備に向けて、5Gの基地局向けの無線アンテナを共同開発する。

 楽天は5Gのサービスを来年6月に開始する。3・7ギガヘルツ帯の周波数の5G基地局を令和6(2024)年度末までに全国約1万6千カ所に設置する計画で、投資額は約1946億円とNTTドコモなどより低い水準にとどまる見通しだ。

 楽天は4Gの基地局にはフィンランドのノキア製を採用するが、5GではNECの小型・軽量化技術を生かし、コスト低減を進める。さらに、クラウドを全面採用した通信網によって汎用機器でネットワークを構築できるため、設備投資を抑えることができる。最新技術を導入し、安価な通信料金の実現を目指す。

この記事を共有する

おすすめ情報