PR

10連休、国内線空の便が2割増 予約状況まとめ

PR

 国内航空12社は19日、代替わりに伴う10連休を含む4月26日から5月6日までの期間の予約状況を発表した。国内線が前年に比べ22%増の373万人、国際線が6%増の75万人に上った。ほとんどの社で、提供する座席に対して予約が入った率を示す「予約率」が7割を超えている。

 各社によると、混雑のピークは国内線下りが4月27~28日、上りが5月3~5日。国際線の出国が4月26~28日、入国が5月5~6日となっている。

この記事を共有する

おすすめ情報