PR

市場頭打ち、SUVに注力 NY車ショー、収益性高く

PR

ニューヨーク国際自動車ショーで展示されるホンダ車=17日、ニューヨーク(ロイター)
ニューヨーク国際自動車ショーで展示されるホンダ車=17日、ニューヨーク(ロイター)
その他の写真を見る(1/2枚)

 17日開幕したニューヨーク国際自動車ショーで世界のメーカー各社は、米国で売れ筋のスポーツタイプ多目的車(SUV)を相次いで披露した。

 「成長する高級SUV市場で素晴らしい位置を維持できるだろう」。SUV「ハイランダー」の新型車を発表したトヨタ自動車幹部は発表会で自信を示した。日本勢ではSUBARU(スバル)もSUV「アウトバック」の新型車を発表した。

 ドイツのダイムラーは高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」で大型SUV「GLS」を披露。幹部は「昨年、SUVはわれわれの最も強力な部門だった」と販売の好調さを強調した。韓国の現代自動車は小型SUV「べニュー」を発表した。

 調査会社コックス・オートモーティブによると、2018年の米新車販売台数は前年比0・5%増。乗用車が13%減と落ち込んだ一方で、SUVなどライトトラックは8%増と好調だった。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報