PR

【プロが指南 就活の極意】今のうちに「持ち駒」は増やしておこう

PR

企業担当者の説明を熱心に聞く学生たち=奈良市
企業担当者の説明を熱心に聞く学生たち=奈良市

 この時期は、3月にエントリーシートを提出した企業から合否の連絡が届いているころではないでしょうか。そして、結果に一喜一憂していることだと思います。この時期によく耳にするのが「持ち駒がなくなってきました」という就活生の悩み相談です。

 「持ち駒」というのは、もともとは将棋で使われる言葉ですが、就職活動でも使われる就活用語となっています。ただ、将棋では相手から奪い取った駒のことを指すので、本来の意味合いとは少し違ってきます。就職活動で使う「持ち駒」とはエントリーシートや履歴書を提出し、現在選考が進んでいる、もしくは選考に残っている企業やこれから受験する予定の企業のことを意味します。

 この持ち駒の“数”が、就活生にとって重要な要素になります。これまでにも「持ち駒がない」と慌ててしまい、自分らしさが発揮できずに後悔してしまう学生を何人も見てきました。就活生にとって、「持ち駒」が多い方が心の保険となり、余裕を持って就活を進められることは言うまでもありません。

 しかし、中には「いろいろ企業を探したがエントリー数が増やせない」という学生さんもいます。そこで今回は、そのような学生の共通点を記した上で、アドバイスをしたいと思います。

 ■大手企業しか見ていない

 多くの学生は大手志向です。大手は給与水準も高く、大企業でしかできない仕事もあるため、魅力的です。しかし、大手ばかりエントリーしているのは、リスクになってしまうことも事実です。100倍を超える倍率の中での争いになるため、最悪1社も内定を獲得できないことが考えられます。

 もちろん、そのような高い倍率の企業から何社も内定を獲得する学生もいます。そのようなOB、OGたちを見ていると「自分は大丈夫」と思ってしまうかもしれませんが、よほどの強いコネクションがないと、必ず大丈夫だとは言い切れないのです。

 また、大手志向の学生の特徴として多いのが、「何がしたいかではなく、どんな企業に入るか」だけで企業を決めていることです。これだと選考が進むほど面接官の深掘りに対応できず、自分をアピールできないまま落とされてしまいます。

 ■受ける業界を絞りすぎている

 やりたいことがあるのはよいことですが、業界を絞りすぎているのも、「持ち駒」が増やせない原因です。例えば、航空会社や総合商社は、そもそも企業数が少ないですし、食品業界などは倍率が高いために内定を獲得するのは至難の業です。

 その際には、やりたいことを軸に、受ける業界を広げてみることをお勧めします。例えば自分自身の力で勝負したいから総合商社を希望しているのであれば、専門商社やコンサルティング業にも志望範囲を広げても良いでしょう。人の健康を支えたいと感じて食品業界を見ている人であれば、医療や化粧品、スポーツメーカーなどの業界を見てみることも良いかもしれません。

 このように共通点を挙げさせていただきましたが、学生に対するアドバイスとしては、結果が出るまでは、最悪の状況を想定し動くことが重要だということです。既に1社内定を獲得しているのであれば、企業を大手だけにするとか、受ける企業を数社に絞ることは否定しません。しかし、1社も内定が出ていない状況では、企業を絞り過ぎたり、大手企業だけ集中して受けたりするのはリスクになることを理解する必要があります。

 増やせる時期に企業を増やしておかないと、後になって大変ですので、「持ち駒」が少なくなってきた学生は、今のうちに「持ち駒」の数を増やしておきましょう。 「内定塾」講師 齋藤弘透

 ここ十数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。今年は特に変化の年になります!新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を反映しやすく、年によって状況が異なります。東京、名古屋、大阪の主要都市を中心に全国12校舎を持つ、就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が、就活事情の最前線をご紹介します。

内定塾:http://www.naitei-jyuku.jp/

内定塾の志望動機:http://www.naitei-shiboudouki.com/

内定塾facebook:https://www.facebook.com/naiteijyuku

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報