PR

ゼンショーHD、共通ポイントサービスを7月から導入

PR

 ゼンショーホールディングス(HD)は16日、牛丼チェーン店の「すき家」やファミリーレストラン「ココス」など傘下の飲食店で、他社が運営する共通ポイントサービス3種類を7月から順次導入すると発表した。同社グループの全飲食店3748店で使えるようにすることで、来店機会の創出につなげる。

 新たに導入するのは、楽天ペイメントの「楽天スーパーポイント」、ロイヤリティマーケティングの「Ponta(ポンタ)ポイント」、NTTドコモの「dポイント」-の3種類。税込み200円の利用で1ポイントがたまり、1ポイント1円で使用できる。

 導入時期はすき家と回転ずし「はま寿司」、ハンバーグとステーキレストラン「ビッグボーイ」で7月以降、ココスとパスタ専門店「ジョリーパスタ」は9月以降で、グループ全体では11月までに導入を終える予定。これまでゼンショーHDで運営しているポイントサービス「ZENSHO CooCa(ゼンショークーカ)」も継続する。

この記事を共有する

おすすめ情報