PR

ペッパーのコミュ力がアップ ソフトバンク、AIで自然な会話に

PR

ペッパーの機能拡充で人との自然な会話ができるようになった=16日、東京都港区
ペッパーの機能拡充で人との自然な会話ができるようになった=16日、東京都港区
その他の写真を見る(1/2枚)

 ソフトバンクとグループ会社のソフトバンクロボティクス(東京都港区)は16日、人形ロボット「ペッパー」の機能を大幅に拡充して発売したと発表した。人工知能(AI)技術などを活用し、人との自然な会話ができるようにした。法人向けには店舗での接客や介護などで使われているが、より幅広い用途で活用することが可能になりそうだ。

 人とのスムーズな会話を実現するために、米グーグルの提供する会話型エージェントの開発プラットフォームや、日本マイクロソフトのソーシャルAI「りんな」の技術を活用した。

 これにペッパーが平成27年のサービス開始以来、約2500社以上の企業への導入などで蓄積したデータや知見などを組み合わせることで、人からの話しかけに対し、会話が破綻せずに自然に回答できる割合を従来モデルに比べ約7倍向上させた。

 例えば、店舗での接客の際はこれまで単純に説明するだけだったが、「会話ができるのでコンシェルジュに近いことが可能になる」(担当者)など、踏み込んだ用途が想定される。

 価格は従来と変わらず、本体がレンタルの法人向けは3年契約で月額利用料金が5万5千円、家庭向けは本体価格19万8千円、利用料金が月2万7600円の36カ月分割払いか99万3600円の一括払いとなる。

この記事を共有する

おすすめ情報