PR

韓国政府「高く評価し歓迎」 WTOの判断に

PR

12日、水産物輸入禁止措置を巡り、WTOで韓国勝訴の判断が出たことを喜ぶ市民団体=ソウル(共同)
12日、水産物輸入禁止措置を巡り、WTOで韓国勝訴の判断が出たことを喜ぶ市民団体=ソウル(共同)

 【ソウル=名村隆寛】韓国政府は12日、世界貿易機関(WTO)の上級委員会が日本の逆転敗訴の判断を示したことを「高く評価し歓迎する」とし、「日本の8県の水産物は今後もすべて輸入が禁止される」と表明した。

 国務調整室や海洋水産省は記者会見で「1審で日本が提起した主要4争点のうち一部を除く判定を破棄し、韓国の輸入規制措置がWTO協定に合致すると判定した」と上級委の判断を評価。日本が規制撤廃要求を継続していることに対し「法的な義務はない」と一蹴した。

 さらに、「日本産輸入食品から放射能が微量でも検出された場合、追加の検査証明書も引き続き要求する」とし、問題がないと判断されるまで輸入規制措置を「恒久的」に続ける方針を示した。輸入規制継続が日韓関係に及ぼす影響については、「外交紛争にまで拡大させる必要はない」とし、貿易の問題としてのみ扱う姿勢を示した。

 韓国では市民団体やメディアが輸入への反対や懸念を訴えてきた。市民団体は「当然の結果だ」と歓迎しているが、1審同様2審も韓国の敗訴が濃厚とみられていたため「予想外だ」と報じたメディアもあった。

この記事を共有する

おすすめ情報