PR

菅長官、WTO破棄で「敗訴に当たらず」

PR

会見に臨む菅義偉官房長官=11日、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=11日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は12日午前の記者会見で、世界貿易機関(WTO)の上級委員会が、韓国による福島など8県産の水産物輸入禁止措置を不当とした紛争処理小委員会(パネル)の判断を破棄する報告書を公表したことについて「わが国の主張が認められなかったことは誠に遺憾だ。韓国に対し科学的根拠に基づき輸入規制の撤廃、緩和をするよう粘り強く働きかけていく」と述べた。

 一方で上級委が、日本産食品は科学的に安全であり、韓国の安全基準を満たしているとのパネルの認定を維持していることなどに触れ「わが国が敗訴したとの指摘は当たらない」との認識を示した。

 韓国は、東京電力福島第1原発事故を理由として2013(平成25)年に青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の8県で水揚げ・加工された全水産物の輸入を禁止した。日本は科学的根拠がないとしてWTOに提訴した。

 WTOの紛争処理手続きではパネルが「1審」、上級委は「2審」にあたる。上級委の報告書は最終判断としてWTO紛争解決機関で採択され、当事国は申し立てすることができない。

この記事を共有する

おすすめ情報