PR

ジップエア、制服と機体デザイン発表

PR

日航グループのLCC、ジップエアが発表した客室乗務員やパイロットらが着用する制服。動きやすさが重視され、靴はスニーカー=11日午後、東京都渋谷区
日航グループのLCC、ジップエアが発表した客室乗務員やパイロットらが着用する制服。動きやすさが重視され、靴はスニーカー=11日午後、東京都渋谷区
その他の写真を見る(1/3枚)

 日本航空系の格安航空会社(LCC)の「ZIPAIR Tokyo(ジップエアトーキョー)」は11日、来夏ダイヤから運航開始予定の機体と制服のデザインを発表した。同社のイメージカラーの緑を機体の側面や制服のスカーフなどにあしらった。また国内の航空会社では珍しく、スニーカーを乗務員とパイロット双方の標準靴とするなど動きやすさにも配慮した。

 制服は黒と白を基調に女性用のスカーフの一部と男性用のネクタイの一部に緑色をあしらった。運航予定のボーイング787の機体には、白を基調に側面に緑色のラインを引いた。

 西田真吾社長は制服や機体のデザインについて「LCCらしく明るくポップにという声も社内ではあったが、最後発なので落ち着いたものになった。スニーカーはパイロットからの評判もよかった」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報