PR

「十一の奈良漬」事業停止 農薬残留の中国産製品販売

PR

 「十一(といち)の奈良漬」で知られる漬物メーカーの黒田食品(神戸市)が5日付で事業を停止したことが8日、代理人弁護士への取材で分かった。中国から輸入、販売した甘酢ラッキョウ製品から食品衛生法の基準値を上回る残留農薬を検出。商品回収が多額の費用がかかってできず、企業の信用を保てないと判断したとしている。

 帝国データバンクによると、黒田食品のこれまでの負債額は約9億円。

 弁護士によると、対象商品は「十一の甘らっきょう」「十一の田舎らっきょう」など。今年3月に原材料の塩から基準を超える農薬イソプロカルプを検出したことが分かった。食べても直ちに健康への影響はなく、被害報告もないという。

 黒田食品は従業員約50人を解雇し、回収のめどは立っていない。輸入業務に携わった食品総合商社に回収の協力を求めたが、交渉が難航したとも主張。商社は「事業停止の連絡すらなく、困惑している」と説明した。

この記事を共有する

おすすめ情報