PR

「私もまろやかさ増した」首相、琉球泡盛に自身重ねる

PR

泡盛の女王・砂辺由美さん(左)から琉球泡盛の贈呈を受ける安倍晋三首相=8日午後、首相官邸(春名中撮影)
泡盛の女王・砂辺由美さん(左)から琉球泡盛の贈呈を受ける安倍晋三首相=8日午後、首相官邸(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 安倍晋三首相は8日、沖縄県産の泡盛をPRする「泡盛の女王」3人や沖縄県酒造組合の佐久本学(さくもと・がく)会長と官邸で面会し、25年ものの「琉球泡盛」を贈られた。

 首相は、贈られた泡盛の製造開始時期に近い平成5年の衆院選初当選を振り返り「25年の熟成。私も円熟さを増したわけではないが、まろやかさは多少増したかな」と軽口をたたいて笑いを誘った。

 泡盛はジンやウオツカなどと同じ「蒸留酒(スピリッツ)」で、政府が海外輸出支援に取り組んでいる。同席した宮腰光寛沖縄北方担当相によると、記者団退出後、首相は過去にロシアのプーチン大統領との間で「ウオツカも泡盛も、水で割って飲むのは、スピリッツの飲み方ではない」と意気投合したエピソードを紹介したという。

この記事を共有する

おすすめ情報