PR

イオン、業績予想を下方修正 自然災害で消費意欲が低下

PR

イオンの看板
イオンの看板

 イオンは5日、平成31年2月期の連結業績予想を下方修正した。最終利益は従来の350億円から236億円(前期比3.8%減)に引き下げた。

 自然災害で消費マインドが低下したことに加え、昨秋以降に高気温の日が続き季節商品の販売が振るわなかった。総合スーパー(GMS)などの売り上げが想定を下回ったという。

 売上高にあたる営業収益も従来の8兆7000億円からの8兆5180億円(1.5%増)に引き下げた。

この記事を共有する

おすすめ情報