PR

花王、12年ぶりに新シャンプーブランド

PR

花王が5月に店頭販売を始める「アンドアンド」のシャンプーとトリートメント=3日、東京都渋谷区(井田通人撮影)
花王が5月に店頭販売を始める「アンドアンド」のシャンプーとトリートメント=3日、東京都渋谷区(井田通人撮影)

 花王は、12年ぶりとなるシャンプーの新ブランドを近く立ち上げる。それに先立ち、3日に東京都内で商品発表会を開き、初年度だけで国内市場の約1%にあたる約20億円の売り上げを目指す方針を明らかにした。自分に合った製品を求める20~30代の女性などを取り込み、拡大する高級シャンプー市場への進出を加速したい考えだ。

 5月18日に店頭販売を始めるブランドは「and and(アンドアンド)」。香りや気分ごとに、シャンプーとトリートメントを3種類ずつ用意、計9通りの組み合わせを自由に楽しめる。参考小売価格(税別)はすべて1400円。同社のシャンプーブランド立ち上げは、平成19年の「セグレタ」以来となる。

 3日の発表会で、同社ヘアケア事業部の仲田実沙希シニアマーケターは「自己投資を惜しまない、おしゃれに対する感度が高い女性が主なターゲット」と話した。

 花王は、ボリュームゾーンの800円以下では「メリット」や「エッセンシャル」など多くのブランドを展開しているが、市場が拡大している高級品は比較的手薄で、品ぞろえ強化が課題となっていた。

この記事を共有する

おすすめ情報