PR

オマーン企業へ不審支出か ゴーン前会長、ルノー通報

PR

大勢の報道陣に囲まれながら、弘中弁護士事務所を出るカルロス・ゴーン被告=3月12日午後、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
大勢の報道陣に囲まれながら、弘中弁護士事務所を出るカルロス・ゴーン被告=3月12日午後、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)

 フランス自動車大手ルノーは1日までに、カルロス・ゴーン被告が会長だった際、ルノーと日産自動車の企業連合の取引先であるオマーンの販売企業へ多額の不審な支払いがあったとして、フランスの検察当局へ通報した。フランス紙フィガロなどが報じた。

 ルノーの内部調査で判明した。ロイター通信によると、オマーンの販売代理店に販売奨励金として支払われ、2011年ごろからの5年間で数千万ユーロに上った。多くが後にゴーン前会長の関係者が運営するレバノンの会社に流れていたという。

 奨励金はマーケティングや対象地域別の予算を使うのが通例だが、会長職に充てられた経費から支出されていた。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報