PR

NY株反落、22ドル安 米中貿易摩擦を懸念

PR

ロス米商務長官(ロイター)
ロス米商務長官(ロイター)

 24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅反落し、前日比22・38ドル安の2万4553・24ドルで取引を終えた。米中貿易摩擦に対する懸念が相場の重しとなった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は47・69ポイント高の7073・46と続伸した。

 ロス米商務長官が24日、米中の貿易問題について解決にはほど遠いとの見解を示したことで、米中協議に対する警戒感が高まり、ダウ平均は売り注文が先行。一方、半導体関連のザイリンクスなどが23日発表した決算内容が好感されたことで、半導体のインテルが上昇し、プラス圏に浮上する場面もあった。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報