産経ニュース for mobile

三菱重工業社長、MRJの開発遅れを謝罪 株主総会「商談増えている」と釈明

記事詳細

三菱重工業社長、MRJの開発遅れを謝罪 株主総会「商談増えている」と釈明

更新

 三菱重工業の宮永俊一社長は21日の株主総会で、国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の開発が遅れていることに関し「大変申し訳ない。心配をお掛けしている」と謝罪した。その上で納入に向け、全力で取り組んでいると強調した。

<< 下に続く >>

 出席者からは、MRJの将来性を確認したり、開発体制を疑問視したりする声も上がった。宮永社長は「商談も増えている」などと述べ、理解を求めた。今後、航空見本市でデモ飛行を実施することも説明した。