産経ニュース for mobile

3月から「春の値上げ」第1弾 ゆうパックにアサヒビール… 4月はたばこ、輸入ワインも

記事詳細

3月から「春の値上げ」第1弾 ゆうパックにアサヒビール… 4月はたばこ、輸入ワインも

更新
1/2枚

 1日から家庭向けの商品やサービスの値上げが始まった。背景には人手不足に伴う人件費や物流費の高騰に、原材料高が追い打ちをかけている現状がある。値上げは家計の負担となり、消費動向にも悪影響を与えそうだ。(桑原雄尚、西岡瑞穂)

<< 下に続く >>

 日本郵便は1日から、宅配便「ゆうパック」の個人向け料金を平均12%値上げした。縦・横・高さの合計が60センチ以内の荷物を東京-大阪間で送る場合、料金は950円となり、これまでより110円値上がりする。電子商取引(EC)の活況や人手不足に対応するためで、昨年秋に値上げしたヤマト運輸と佐川急便に追随した格好だ。

 2社が先に値上げしたことで「ゆうパック」に顧客が流入しているが、日本郵政の長門正貢社長は2月28日の記者会見で「3月1日以降、何が起こるかは数字をみないと分からない」と語った。

 物流業界では、引っ越しのヤマトホームコンビニエンスが、進学や転勤に伴う移動が集中する3月20日~4月10日の単身サービスに設定しているシーズン加算料金を2千円から5千円に値上げする。

 食品業界でも値上げが相次ぐ。アサヒビールは、物流費上昇を受け1日出荷分から瓶ビールや飲食店に卸す樽(たる)詰めビールを値上げする。引き上げは10年ぶりで、店頭価格は大瓶1本当たり10%程度上がる見通しだ。他のビール大手3社も4月に追随する。

 森永乳業は、国内酪農家の生産減に伴う乳原料の価格上昇を受け、1日出荷分から家庭用アイスクリーム4品目の希望小売価格を10%引き上げ。キユーピーグループのサラダクラブも、昨年の台風や寒波の影響で、「千切りキャベツ」の内容量を3日から30グラム減量して実質値上げする。萩芳彰社長は1日の記者会見で「苦渋の決断だ。不本意ながら一時的な対応を取らざるを得ない」と述べた。

 4月からも値上げは続く。日本たばこ産業(JT)は、紙巻きたばこ「エコー」「わかば」など旧3級品6銘柄を1箱40円値上げ。輸入ワインも世界的なワイン用ブドウの不作で一部商品が値上げとなる。

写真ギャラリー

  • 郵便局内で仕分けられるゆうパック。1日から個人向け料金が値上げとなった