産経ニュース for mobile

キリンビール、ウイスキー「富士山麓」を大幅刷新

記事詳細

キリンビール、ウイスキー「富士山麓」を大幅刷新

更新

 キリンビールは17日、主力のウイスキー「富士山麓」を大幅に刷新し、3月22日に発売すると発表した。容量をこれまでの600ミリリットルより100ミリリットル増量の700ミリリットルとした。熟成年数の高い原酒の比率も高め、たるで熟成させた甘い香りを強調させたという。同商品は海外への輸出も視野に入れており、容量を海外で一般的な700ミリリットルとして、輸出に対応する狙いもあるとみられる。今回の刷新に伴い、従来1000円前後だった価格を1500円前後に引き上げる。

<< 下に続く >>

 また、製法も大幅に見直した。冷却ろ過を行わずにびん詰めすることで、ウイスキーうまみ成分をとじこめる「ノンチルフィルタード製法」を新たに採用。同製法は価格が1万円を超える高級ウイスキーの製法に採用されており、中価格帯の商品に採用されることはまれだという。

 国内ウイスキー市場はハイボール人気で拡大しており、同社の2015年のウイスキーの売上高は前年比10.1%増と好調だった。同日、会見した田中敏宏マーケティング部部長はウイスキーの商品戦略について、「高付加価値化やハイボール需要に応える業務用ラインアップを拡充していく」と話した。