産経ニュース for mobile

縄文系の日本人は弥生系よりシミができやすい 遺伝子分析で判明…ポーラ

記事詳細

縄文系の日本人は弥生系よりシミができやすい 遺伝子分析で判明…ポーラ

更新

 ポーラ化成工業は9日、鼻が高いなど縄文人に近い骨格や体質の特徴を持つ日本人は肌にシミができやすい傾向があるとする研究成果を発表した。紫外線などの刺激を受ける遺伝子の配列が、日本人のもう一方の祖先とされる弥生人と大きく違うことが要因としている。シミのできやすさは最大で18・7歳の加齢に相当する差があるという。

 同社は「骨格などの特徴でシミのリスクを簡単に予想できる。新たな肌の解析法につなげたい」とした。

 研究は国立科学博物館から提供を受けた縄文人5人と、20~50代の現代人244人の遺伝子を調査。縄文人の配列は全て同じだが、現代人は「縄文」「弥生」「混合」の3型に分かれた。縄文型は、弥生型と同年齢でもシミが多い人の割合が大幅に増えたという。

 また、同社は別の調査で、秋田県の女性211人を対象に「くせ毛」「両目が二重」「鼻が高い」など縄文型の特徴8項目を測定。該当項目が増えるほどシミができる可能性が増えていたという。