PR

【主張】竹島領空の侵犯 無法な露韓機は許されぬ

PR

 日本の島の空を外国軍機がわが物顔に飛んでいる。そのようなときにしか、奪われたままの島が顧みられることがない。情けない限りだ。

 ロシア軍の空中警戒管制機が23日、韓国が不法占拠を続ける竹島(島根県隠岐の島町)周辺の日本の領空を侵犯した。

 これに対し韓国軍戦闘機が警告射撃を行った。「韓国領空」を侵犯したからだという。

 とんでもない話だ。露韓両軍機の行動は、どちらも日本の主権を侵すもので到底容認できない。政府が両国に抗議し、再発防止を求めたのは当然である。

 菅義偉官房長官は記者会見で、露軍機が2度にわたって竹島周辺を領空侵犯したと説明した。

 露軍の空中警戒管制機は、露軍と中国軍双方の爆撃機の編隊と連携して飛行していた。露国防省は中露で「初の長距離合同パトロール」をしていたと発表した。日本海上空まで入り込み共同行動をとる中露両軍への警戒を怠ってはならない。韓国軍機の行動は決して許せないが、露軍機の飛行は、日韓両国の一層の対立を煽(あお)る企てだったのではないかと疑われる。

 航空自衛隊の戦闘機は23日、露軍機に緊急発進(スクランブル)を行った。日本海周辺で領空に侵入する恐れがあったからだというが、これは竹島周辺の領空のことではあるまい。日本は竹島周辺にスクランブルのための防空識別圏を設定していないからだ。空自機が韓国軍機にスクランブルをしていないことからも分かる。

 日本のものである竹島の空が侵されても、日本はレーダーで露韓両軍機の不法行為を眺めているしかなかったということだ。

 韓国は武装警察部隊を竹島に置いて不法占拠している。軍事演習も繰り返している。竹島に近づいた海上保安庁の巡視船に銃撃を浴びせたこともある。

 自衛隊や海保は、政府の方針で海でも空でも竹島に近づかない。不法占拠され、軍事演習をされ、領空を侵犯されても、政府は「遺憾だ」というばかりである。

 紛争を避けるため自制していることは分かる。そうであっても、政府に領土、領海、領空を大切にする心が少しでもあるなら、一自治体である島根県が取り組む竹島返還の運動を、政府の運動へ格上げしてもらいたい。竹島返還を北方領土と同じように安倍晋三内閣の最重要課題にしたらどうか。

この記事を共有する

おすすめ情報