PR

【日曜に書く】G20終えた大阪の「都市格」 論説委員・河村直哉

PR

大阪城をバックに記念写真撮影に臨む各国首脳と配偶者ら=6月28日午後、大阪市中央区(代表撮影)
大阪城をバックに記念写真撮影に臨む各国首脳と配偶者ら=6月28日午後、大阪市中央区(代表撮影)

 合格といっていいのではないか。20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を無事に終えた大阪のことである。大阪湾の人工島、咲洲(さきしま)にあるインテックス大阪で開かれた。

サムライボールの古傷

 最初にひとむかし前を振り返ろう。大阪人の「古傷」をえぐるつもりは決してないのだが。

 平成7年11月、大阪市でアジア太平洋経済協力会議(APEC)が開かれた。各国の首脳や閣僚が集まるとあって、各機関とも力を入れた。

 以下、産経新聞大阪本社版の紙面による。海外の記者らに関西を宣伝する場が設けられ、たこ焼きが無料でふるまわれた。当時の横山ノック大阪府知事が試食し、「サムライボール」とはしゃいだ。

 警備中、市民に「あほ」といわれても気にするな-。他県から派遣された警察官に大阪府警はそう訓示している。大阪人の口の悪さにひるんではいけないということである。

 無事に終わったものの、大阪人をいささかがっかりさせるオチもついた。当時のクリントン米大統領が、議会との予算折衝の難航などで結局、訪日を取りやめたのだった。紙面には気落ちした街の声が残る。「たこ焼きを大統領にサービスしようと計画していたのですが…」

 訪日中止はアメリカ側の事情であり、大阪の非ではない。たこ焼きうんぬんも、少し大仰ではあるが大阪人なりの愛情表現だっただろう。

 だが、真の「大阪の悲劇」がその後に来た。2008(平成20)年夏季五輪の招致活動である。舞洲(まいしま)がメーン会場、夢洲(ゆめしま)が選手村。G20が行われた咲洲と並んで浮かぶ人工島である。

 平成13年、五輪候補地視察で大阪入りした国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会のメンバーを、関係者は意気込んで迎えた。「施設レベルが高い」などと高評価を得た、はずだった。

 ところが、である。開催地を決める同年のIOC総会、1回目投票で大阪は落選。得たのはわずか6票だった。選手らを輸送する能力などが疑問視された。当時、街に漂っていたしらけた雰囲気を思い出す。

 このときの五輪は、北京で国威を誇示するかのように開かれた。北京よりはましと思っていた大阪の、夢洲に広がった空き地に、ああ無情の雨は降った。

不便いとわず市民協力

 時はたったもの、と思う。

 G20の警備には、大阪府警や全国からの派遣部隊を合わせて、APECを上回る3万人態勢で当たった。開幕前から高速道路が各所で封鎖され、会場となった咲洲では身分証のチェックが行われた。学校も休みになるなど市民生活に影響が出た。

 けれども、個人的な印象でしかないが、市民は粛々とG20を受け入れ、むしろ開催に協力的だったようである。見た限り一般道の車の量は少なかった。市民が使用を自粛したのだろう。交通規制で路線バスが乱れ、乗客が駅まで歩いたというニュースがあった。「要人に何かあったら大変なので、これくらいやるのは当たり前」とのコメントも。本来、関西は奥ゆかしい。

 要するに大阪の都市格が、ひいき目でなく上がっている。インフラや宿泊施設の整備が進んだだけではない。国際会議の運営手法や交通規制、警備のノウハウなど、人的能力が蓄積されてきている。受け入れる市民の側も、要人を迎えるなら多少のことはがまんしようという共通の認識ができている。

力まず安全、円滑に

 G20の会場には先端技術や関西の文化を紹介する一角も設けられ、海外記者の注目を集めた。たこ焼きもふるまわれていたが、関西の文化の一つとしてであって、ことさらに「サムライボール」としてではない。

 多くの外国人旅行者が訪れる時代である。大阪だ関西だと無理に力む必要もない。国際会議を安全、円滑に行い、もてなしができればよい。もてなす素材は関西には豊富にある。

 2017年の国際会議の開催件数は、東京が世界18位、大阪は156位だったそうである。国際会議を開ける都市が限られていることは日本としてよくない。大阪は官民とも、国際都市としての格をさらに高めたい。おまわりさんに決して「あほ」なんていってはいけない。

 寒々としていた夢洲では、2025年大阪・関西万博の開催が決まっている。統合型リゾート施設の誘致も進む。カジノやホテルだけでなく国際会議場を含む。機会を生かしたい。(かわむら なおや)

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報