PR

逮捕日夕食なし賠償確定 希望確認「警察官の義務」

PR

最高裁判所=東京都千代田区(伴龍二撮影)
最高裁判所=東京都千代田区(伴龍二撮影)

 警視庁に逮捕された当日、夕食の提供がなかったのは違法だとして、男性が東京都に15万円の国家賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(岡村和美裁判長)は都の上告を受理しない決定をした。14日付。「容疑者に対し食事の希望の有無を確認するのは警察官の義務だ」と述べ、1万1千円の賠償を命じた2審東京高裁判決が確定した。

 判決によると、男性は八王子署が捜査していた脅迫事件で逮捕状が出ており、平成30年3月、任意同行先の上野署内で逮捕された。その日のうちに八王子署に連行されて取り調べを受けた後に留置場で就寝、翌朝、留置係の警察官に夕食の提供がなかったと訴えた。

 1審東京地裁は、夕食を提供する義務はなかったとして請求を棄却したが、昨年1月の2審判決は「食事時間をまたいで身体拘束が続く場合、申し出があってもなくても、希望を確認して提供する義務がある」とした。

この記事を共有する

おすすめ情報