PR

茨城・龍ケ崎副市長ら逮捕 市発注の工事で入札情報漏洩容疑

PR

川村光男容疑者(龍ケ崎市提供)
川村光男容疑者(龍ケ崎市提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 茨城県龍ケ崎市が発注した工事の入札情報を漏らしたとして、警視庁と茨城県警の合同捜査本部は3日、官製談合防止法違反の疑いで同市の副市長、川村光男容疑者(65)=同市川原代町=と、同市社会福祉協議会理事、川北恵一郎容疑者(71)=同市=を逮捕した。同本部は2人の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は昨年12月、同月に入札予定の市立中学校のプール塗装工事など計6件の入札をめぐり、川村容疑者が市職員に指示し、秘密事項にあたる参加予定業者名を川北容疑者に教え、公正な入札を妨害したなどとしている。

 同本部によると、川北容疑者が川村容疑者に漏洩(ろうえい)を働きかけたとみられる。川北容疑者がさらに市内の業者に情報を流し、業者間で受注調整が行われた可能性もあるとみて、詳しい経緯を調べている。

 官製談合防止法では、入札の予定価格などのほか、参加予定の業者名も非公開情報とし、公務員による教示を禁止している。今回の6件の入札では、予定価格は事前公表されていた。

この記事を共有する

おすすめ情報