PR

知人女、1千万超詐取の疑い 福岡の5歳児餓死事件

PR

赤堀恵美子容疑者
赤堀恵美子容疑者

 福岡県篠栗(ささぐり)町で5歳だった男児が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で母親の碇(いかり)利恵容疑者(39)とともに逮捕された知人の赤堀恵美子容疑者(48)が碇容疑者からだまし取るなどした金の総額が1千万円を超える疑いがあることが3日、捜査関係者への取材で分かった。県警は一家の生活困窮につながったとみて調べている。

 県警によると、赤堀容疑者は碇容疑者から生活保護費など計約200万円を詐取したなどとして起訴されている。碇容疑者の三男、翔士郎(しょうじろう)ちゃんが死亡した後もだまし取ったことがあったという。捜査関係者によると、碇容疑者の通帳を管理して金を引き出し、車を売却させた疑いもある。

 碇容疑者が「赤堀容疑者から『言うことを聞かないと、離婚した夫の元にヤクザを送り込む』と脅された」と話していることも関係者への取材で判明した。

この記事を共有する

おすすめ情報