PR

転落の痕跡なく 前日にチケット購入も…警視庁、容疑者自殺説明の矛盾追及

PR

 東京都国立市のアパート9階ベランダから妻を投げ落として殺害したとして夫の高張(たかはり)潤容疑者(44)が殺人の疑いで逮捕された事件で、ベランダの手すりに自ら乗り越えた際に付く足跡などが確認されず、高張容疑者が「妻は自分で飛び降りたようだ」とする説明に矛盾があったことが2日、捜査関係者への取材で分かった。

 妻の麻夏(あさか)さん(41)が事件前日、オンラインで配信予定の人気アイドルの動画視聴チケットを購入していたことも新たに判明。自殺の兆候もなく、警視庁捜査1課は、高張容疑者が麻夏さんの首を絞めて意識を失わせた上で、転落死を装ってベランダから投げ落としたとみている。

 捜査関係者によると、9階ベランダには、手すりに乗り越えた痕がなかったほか、椅子も置かれていたが、そこからも足跡といった、誰かが乗ったような痕跡も確認できなかった。

 現場周辺の防犯カメラには、事件のあった昨年11月29日午後8時ごろ、麻夏さんがベランダから転落する瞬間、背後に人影も写っており、椅子は自殺を偽装するため、高張容疑者が置いたとみられるという。

 捜査1課は2日、高張容疑者を送検した。

この記事を共有する

おすすめ情報