PR

無免許でオートバイの男性はねて逃走した疑い 横浜の組幹部を再逮捕

PR

 無免許で車を運転してオートバイと衝突し、運転していた男性にけがを負わせたうえ、そのまま逃走したとして、神奈川県警南署は2日、自動車運転処罰法違反(無免許過失致傷)などの疑いで、指定暴力団稲川会系組幹部で横浜市中区若葉町の無職、五十嵐和正被告(53)=覚醒剤取締法違反罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。

 再逮捕容疑は昨年12月5日午後11時20分ごろ、無免許で普通乗用車を運転し、同市南区井戸ケ谷下町の信号機が設置された県道十字路交差点を右折した際、直進してきたオートバイと衝突し、運転していた男性(47)=同県大磯町=にけがを負わせたうえ、そのまま逃走したとしている。

 同署によると、現場周辺の防犯カメラ映像などから五十嵐容疑者が浮上した。五十嵐容疑者は平成6年に免許取り消しになっており、「無免許運転がばれるのが怖くて逃げた」などと供述しているという。

この記事を共有する

おすすめ情報