PR

だまし取った持続化給付金で覚醒剤仕入れ密売か 容疑で男2人逮捕

PR

京都府警本部=京都市上京区
京都府警本部=京都市上京区

 新型コロナウイルスの国の持続化給付金を詐取し、覚醒剤を密売したとして、京都府警は2日、覚醒剤取締法違反(営利目的譲渡)や詐欺などの容疑で、自称アートペインターの武元達也(54)と訪問介護士の村上尚(たかし)(50)の両容疑者=いずれも京都市南区=を逮捕したと発表した。

 府警によると、2人は容疑を認めており、だまし取った持続化給付金を元手に覚醒剤を仕入れていたとの趣旨の供述をしている。

 2人の逮捕容疑は昨年6~9月ごろ、事業収入が減少した個人事業主を装って持続化給付金を申請し、計200万円を詐取。同10月2日ごろ、徳島県阿南市の女性2人に対し、覚醒剤約1グラムを宅配で送り、2万5千円で密売したとしている。

この記事を共有する

おすすめ情報