PR

5歳男児衰弱死させた疑い 母ら逮捕 知人女が精神的支配か

PR

碇翔士郎ちゃん(左)と母親の利恵容疑者
碇翔士郎ちゃん(左)と母親の利恵容疑者

 福岡県篠栗町で昨年4月、衰弱している碇翔士郎(しょうじろう)ちゃん=当時(5)=を放置して死なせたとして、県警が保護責任者遺棄致死の疑いで母親の利恵容疑者(39)と知人の無職、赤堀恵美子容疑者(48)を逮捕したことが2日、捜査関係者への取材で分かった。

 赤堀容疑者は架空の浮気調査費名目などで利恵容疑者の生活保護費などから多額の現金を詐取していたとして詐欺などの罪で起訴されている。そのため一家は生活が困窮、翔士郎ちゃんの死亡につながったとみられる。県警は赤堀容疑者が経済的・精神的な支配で、利恵容疑者を取り込もうとした疑いがあるとみて捜査している。

 捜査関係者によると、2人は昨年4月、篠栗町のマンションの部屋で、衰弱していた翔士郎ちゃんに適切な処置を取らず放置し、死なせたとしている。

 2人は「ママ友」で赤堀容疑者は部屋を頻繁に訪問。4月18日夜に両容疑者らが119番通報。消防隊員が「呼吸をしていない」と110番通報。翔士郎ちゃんは搬送先で死亡。死因は飢餓だった。

この記事を共有する

おすすめ情報