PR

拳銃と実弾所持疑い 無職の男を逮捕 神奈川県警

PR

押収した拳銃と実弾4発=1日、横浜市中区の神奈川県警本部(浅上あゆみ撮影)
押収した拳銃と実弾4発=1日、横浜市中区の神奈川県警本部(浅上あゆみ撮影)

 拳銃と実弾を所持していたとして、神奈川県警薬物銃器対策課は1日、銃刀法違反(拳銃加重所持)の疑いで、同県座間市立野台の無職、木田治容疑者(55)を逮捕したと発表した。「私のもので間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は2月27日午前10時半ごろ、正当な理由がないまま自宅マンションで拳銃(上下2連式)1丁とこれに使用可能な実弾4発を所持したとしている。

 同課によると、県警に情報提供があり、内偵捜査を進めていた。同日、県警が家宅捜索したところ、2発の実弾が入った拳銃と、ほか実弾2発を寝室に隠し持っているのを発見。その場で現行犯逮捕した。同課は入手ルートを含めて捜査を進める。

この記事を共有する

おすすめ情報