PR

避難勧告305世帯に 栃木山火事

PR

栃木県足利市の山林で続く火災を見守る住民ら=26日午前
栃木県足利市の山林で続く火災を見守る住民ら=26日午前

 栃木県足利市の両崖山(りょうがいさん、251メートル)一帯の山林で起きた火災は26日、発生から6日目を迎えた。焼失面積は午後1時時点で約106ヘクタールとなり、25日午後2時時点から6ヘクタール増えた。足利市の和泉聡市長は記者会見で、風が弱まったことでヘリコプターの放水が効果的にできたとして「25日よりもコントロール下に置いている」と述べた。

 市は新たに両崖山東側の98世帯に避難勧告を出し、勧告世帯は計305世帯に拡大した。25日夜には一時的に住宅の約150メートルの距離まで火が迫った。市内の中学校が26日も休校しており、市民生活に影響が出ている。

 北関東自動車道の足利インターチェンジ(IC)-太田桐生IC(群馬県)間の通行止めは東行き西行きとも継続中で、解除の見通しは立っていない。

この記事を共有する

おすすめ情報