PR

浄水場の技師を懲戒免職 同僚職員に暴行など 神奈川県

PR

神奈川県庁=横浜市中区(高橋天地撮影)
神奈川県庁=横浜市中区(高橋天地撮影)

 職場の同僚職員に暴行や脅迫をしたなどとして、神奈川県企業庁は26日、寒川浄水場(同県寒川町)の男性技師(36)を懲戒免職処分にしたと発表した。

 男性技師は昨年7月6日、業者に委託している作業を無断で行っていたことを上司から注意されると、強い口調で反論。その状況を撮影していた同僚職員からスマートフォンを強引に奪い取ろうとし、現場を立ち去る際に「お前、殺すからな」と脅迫したという。同僚職員は左肘に全治3週間の捻挫をした。

 同年12月、男性技師は同僚職員への傷害と脅迫の容疑で神奈川県警が逮捕。その後、横浜区検に脅迫罪で略式起訴され、横浜簡裁から罰金10万円の略式命令が出ていた。

 男性技師はこれ以前の職場でも、上司や同僚職員に暴行や暴言を繰り返していたといい、平成31年1月には停職6カ月の懲戒処分を受けていた。

この記事を共有する

おすすめ情報