PR

群馬・桐生の山林火災、鎮火見通し立たず 消火活動続く

PR

 群馬県桐生市で発生した山林火災で、消防や自衛隊などが26日早朝、消火活動を再開した。市消防本部によると、延焼範囲は大きく広がっていないものの、枯れ草や木の燃焼は続いており、鎮火の見通しは立っていない。県によると千葉市や山梨県のヘリコプターも消火活動に加わっている。

 群馬県は、25日に約30ヘクタールと発表した焼失面積を約15ヘクタールと訂正した。桐生市によると、市内に開設した自主避難所には26日午前8時半時点で4世帯6人が身を寄せている。

この記事を共有する

おすすめ情報