PR

放火で7人殺害未遂疑い 別居中の妻や娘標的か

PR

 別居中の妻や娘ら親族7人を殺害するため住宅に放火したとして、埼玉県警は25日までに、現住建造物等放火と殺人未遂の疑いで、同県川越市月吉町の運送会社社員、生田紀二容疑者(45)を逮捕した。出火当時、7人は就寝中だったが、避難しけがはなかった。県警は動機や火を付けた手段を調べる。

 逮捕容疑は10日午前4時すぎ、川越市石原町の義母(73)方に放火し木造2階建て約80平方メートルを全焼させ、この家に住む40代の妻や中学生、高校生、20代の娘など計7人を殺害しようとしたとしている。県警によると、容疑を認めている。

 妻らは浴室付近の外壁が燃えているのに気付いて屋外に逃げた。令和元年と昨年、生田容疑者とのトラブルに関する相談が川越署に寄せられていたという。

この記事を共有する

おすすめ情報