PR

元経理部長、1200万円横領容疑で逮捕 小切手使い計1億円被害か 警視庁

PR

 勤務先の会社で、社長名義の小切手を勝手に振り出して現金1200万円を着服したとして、警視庁捜査2課は業務上横領の疑いで、事務用品会社「とら屋事務」(東京都板橋区、破産)の元経理部長、小川明彦容疑者(41)=千葉県松戸市西馬橋=を逮捕した。捜査2課は、平成27年ごろから同様の手口で計約1億円を着服していたとみている。

 逮捕容疑は同社の経理部長だった平成30年5~7月、約10回にわたって社長名義で振り出した小切手を金融機関で換金し、約1200万円を着服したとしている。調べに「自分がやった」と容疑を認めている。

 捜査2課によると、小川容疑者は社長の弟。着服金は飲食や遊興費に使ったとみられる。30年8月に同社の破産手続き開始後、破産管財人が会社の資産状況を調べて発覚した。

この記事を共有する

おすすめ情報