PR

武田総務相が引責辞任否定 「率先して信頼回復に努める」

PR

総務省幹部接待問題の参考人として衆院予算委員会で答弁に臨む山田真貴子内閣広報官。後方は武田良太総務相=25日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
総務省幹部接待問題の参考人として衆院予算委員会で答弁に臨む山田真貴子内閣広報官。後方は武田良太総務相=25日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 武田良太総務相は25日の衆院予算委員会で、菅義偉(すが・よしひで)首相の長男、正剛(せいごう)氏が勤める放送事業会社「東北新社」から総務省幹部が接待を受けた問題に関し、引責辞任を否定した。

 「二度とこのようなことが起こらないようにどう意識改革や組織改革をしていくのか。まず自ら率先して国民の信頼回復に努める。それが私に課せられた責任だ」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報