PR

孔子廟に敷地提供「違憲」 最高裁判決「宗教性軽微といえず」

PR

 孔子廟への土地無償提供を巡る住民訴訟の判決が言い渡された最高裁大法廷=24日午後(代表撮影)
 孔子廟への土地無償提供を巡る住民訴訟の判決が言い渡された最高裁大法廷=24日午後(代表撮影)

 儒教の祖、孔子を祭る「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が公園内の敷地を無償で提供していることが憲法の政教分離の原則に違反するかが争われた住民訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)は24日、「市が特定の宗教を援助していると評価されてもやむを得ない」として無償提供は違憲と判断した。

 政教分離に関し最高裁が違憲と判断したのは「愛媛玉串料訴訟」(平成9年)、「空知太(そらちぶと)神社訴訟」(22年)に続き3例目。差し戻し後の1、2審判決はいずれも無償提供を違憲と指摘していた。

 空知太神社訴訟で大法廷は、宗教的施設に公有地を無償提供する是非について「施設の性格や無償提供の経過と態様、一般人の評価などを考慮し、社会通念に照らし判断すべきだ」との判断枠組みを示していた。

 今回もこれらの枠組みに基づき、那覇の孔子廟は「宗教性を肯定でき、程度は軽微ではない」などと認定。観光資源としての意義や歴史的価値を考慮しても、社会通念上、国に宗教的活動を禁じる憲法20条3項に違反するとし、市が孔子廟を管理する法人に使用料全額を徴収しないのは違法だと結論付けた。裁判官15人中14人の多数意見。

 判決などによると、那覇市中心部の松山公園にある孔子廟は、明の時代に琉球(沖縄)へ渡来し中国文化を伝えた「久米三十六姓」の子孫でつくる一般社団法人久米崇聖会が管理。17世紀に建立されたが戦災で焼失し、別の場所で再建されたが、平成25年に最初の立地に近い同公園へ移転した。公園を管理する市は、移転を許可して公園使用料の全額免除を決定。その後、市民の女性が「政教分離の原則に反する」などとして市を提訴した。

 市は「詳細を確認し適切な対応をする」とコメントした。

この記事を共有する

おすすめ情報