PR

消防士自殺訴訟が和解 遺族に1億円支払い、山形

PR

 平成26年に山形県の酒田地区広域行政組合消防本部所属の男性消防士=当時(20)=が自殺したのは、上司のパワハラが原因だとして、両親が組合に1億5000万円の損害賠償を求めた訴訟は24日、山形地裁鶴岡支部(三宅康弘裁判長)で和解が成立した。組合が慰謝料や逸失利益など計1億1000万円を支払う。

 両親側の代理人弁護士によると、和解条項には、組合がハラスメント防止に向けた研修を徹底し内容をホームページで公開することや、両親に遺憾の意を表明し、職場環境の改善に努めることなどが盛り込まれた。

 両親は「節目だが、私たちの悲しみは続く。事件を風化させず、ハラスメント防止に真摯に取り組むよう望む」との談話を発表。組合の佐藤和彦消防長は「職場環境に問題があったと認識し、風通しの良い職場づくりに努める」とコメントした。

この記事を共有する

おすすめ情報