PR

FX詐欺グループの首謀者の男逮捕 被害2億円超

PR

 外国為替証拠金取引(FX)をめぐる架空の投資話を持ちかけ現金を詐取したとして、大阪府警捜査2課は22日、詐欺容疑で、東京都港区南青山の職業不詳、米元志郎容疑者(28)を逮捕した。府警は約690人から計2億円以上をだまし取った特殊詐欺グループの首謀者とみて調べている。

 府警は昨年10月、岐阜県の30代男性にFX取引に絡む架空の投資話を電話で持ちかけ約130万円を詐取したとして、詐欺容疑で、電話をかける「かけ子」役の男女6人を逮捕。その後、押収した資料などから米元容疑者の関与が浮上した。府警は米元容疑者が別のメンバーを介して指示していたとみており、共犯者についても調べている。

 逮捕容疑は共謀し、昨年4~5月、岐阜県の男性から現金約130万円を詐取したとしている。府警は認否を明らかにしていない。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報