PR

体罰で男児の頭蓋骨骨折 軽井沢町の男性講師

PR

 長野県軽井沢町教育委員会は19日、町立小学校の男性講師(42)が昨年11月、男子児童に頭蓋骨骨折のけがを負わせる体罰をしたと明らかにした。男児は10日ほどで退院したが、現在も治療を続けている。

 町教委によると、男性講師が昼休みに他の児童2人とサッカーの練習をしていた際、被害児童がボールを奪い、他の児童の体にぶつけた。謝罪するように指導したものの暴れたため、押し倒して胸付近を踏みつけた際、児童は頭を強く打ち、緊急手術になった。男性講師は町教委の調査に「かっとなり、気持ちを抑えきれなくなった。申し訳ないことをしてしまった」と話している。

 男性講師は現在、授業は行っていないが、小学校に出勤して再発防止のための研修を受けているという。

この記事を共有する

おすすめ情報