PR

交際女性を赤坂御用地に 皇宮警視正を減給処分

PR

 皇宮警察は19日、職務上の立場を利用し、天皇、皇后両陛下と皇族方のお住まいがある赤坂御用地に知人女性を出入りさせたなどとして、京都護衛署長の皇宮警視正(59)を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。警視正は同日付で退職した。

 皇宮警察によると、警視正は既婚者であるにもかかわらず、2人の女性と交際。赤坂護衛署副署長だった平成29年2月、そのうち1人の女性を赤坂御用地に正規の手続きを取らずに出入りさせた。

 警視正は大筋で事実関係を認め、「職場を見せようと思った」と話している。出入りさせたのは、勤務時間外だったとみられる。

 菅広子監察課長は「皇宮警察の幹部にあるまじき行為で、厳正に処分した。今後は、より職員に対する指導教養を徹底する」とのコメントを出した。

この記事を共有する

おすすめ情報