PR

コロナアプリでまた不具合 iPhone版でも

PR

 新型コロナウイルス対策のスマートフォン向け接触確認アプリ「COCOA(ココア)」で、田村憲久厚生労働相は18日の記者会見で、アップルの「iPhone(アイフォーン)」の古いバージョンでも通知を受け取れない不具合があったことを明らかにした。

 田村氏は「度重なる不具合でご迷惑をお掛けし、改めておわびする」と謝罪した。

 厚労省によると、アンドロイド版でコロナ陽性となったとの登録をした場合、iPhoneで通知を受け取れない場合がある。iPhoneの基本ソフト(OS)を最新版にアップデートすれば通知を受け取れるとしている。

 アンドロイド版では昨年9月以降、陽性者との接触通知が届かない不具合があったことが判明していた。これとは別に、アプリが勝手に初期化されてしまう不具合も判明。厚労省はこれらの不具合を修正した。

この記事を共有する

おすすめ情報