PR

横浜の管工事会社脱税疑い 1億9000万円

PR

 約1億9200万円を脱税したなどとして、東京国税局査察部が法人税法違反と消費税法違反の疑いで、横浜市中区の管工事会社「ティーエス」のほか、鶴岡忠義会長(64)と息子の一希社長(39)を横浜地検に告発したことが18日、関係者への取材で分かった。

 2人は取材に「修正申告を行い、納税も一部済ませた。今後は適正な申告納税をしていく」と文書で回答した。

 関係者によると、同社は大手鉄鋼メーカーなどを傘下に持つJFEグループの工場の配管工事を請け負い、大幅に売り上げを伸ばしていた。

 取引先から人材派遣を受けたなどと装って架空の経費を計上し、平成30年10月期までの4年間に所得計約5億7400万円を隠したほか、消費税の控除を過大に受けていた疑いがある。

 隠した金は、高級腕時計の購入や飲食、シンガポールのカジノなどに使ったとみられる。

この記事を共有する

おすすめ情報