PR

店舗などから現金や物品盗んだ疑い 稲川会系組員ら逮捕 神奈川県警

PR

 店舗などに侵入し、現金や物品を盗んだとして、神奈川県警捜査3課は窃盗と建造物侵入の疑いで、同県三浦市南下浦町上宮田の指定暴力団稲川会系組員で無職、渡辺勝也被告(39)=別の窃盗罪などで起訴=と同県横須賀市林の防水工、宇佐美賢一被告(32)=同=を追送検した。いずれも容疑を認めている。

 渡辺被告の追送検容疑は宇佐美被告らと共謀のうえ、令和元年10月から2年6月までの間、94回にわたって同県逗子市の店舗など89カ所から現金約690万円と物品約4700点(時価計約1億1560万円相当)を盗んだとしている。宇佐美被告の追送検容疑は、このうち69回にわたり66カ所から盗んだとしている。

 同課によると、2人はこれまでに神奈川、栃木、群馬、茨城の4県で102件の窃盗事件に関与。被害は現金約2300万円、物品時価計約1億8400万円相当に達するという。

この記事を共有する

おすすめ情報