PR

乳児放置死の両親窃盗疑い 埼玉県警が再逮捕

PR

埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

 埼玉県警は17日、商店から電動工具を盗んだとして、窃盗の疑いで、同県美里町の無職、金井裕喜容疑者(29)と、妻の無職、あずさ容疑者(28)をそれぞれ再逮捕した。2人は、生後3カ月の四女、喜空ちゃんを昨年9月に死亡させた疑いで逮捕、起訴されている。

 再逮捕容疑は1月7日と同15日、埼玉県深谷市と群馬県安中市の金物店で、エアコンプレッサーなど電動工具2点(計約61万円相当)を盗んだとしている。県警によると、被害品が埼玉県内のリサイクル店に買い取られ、持ち込んだ2人が浮上した。

 裕喜容疑者は喜空ちゃんの口に哺乳瓶を押し込んであごを骨折させ、放置し死亡させたとして傷害致死と保護責任者遺棄致死の罪で、あずさ容疑者は保護責任者遺棄致死の罪で起訴されている。

この記事を共有する

おすすめ情報