PR

高速道、バイクでトラックを急停止させた疑い

PR

 高速道路上でトラックを急停止させるなどの妨害行為を行ったとして、神奈川県警高速隊は16日、道路交通法違反(妨害運転)の疑いで、東京都大田区大森南の塗装業、会田修一容疑者(44)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年11月8日午後4時35分ごろ、神奈川県大和市上草柳の東名高速道路上り車線で、会社員の男性(22)が運転する10トントラックにオートバイで後方から近づき、追い抜いたところで急ブレーキをかけるなどし、トラックを急停止させるなどの妨害行為を行ったとしている。

 同隊によると、トラックは急停止を強いられたため、荷台に積んであった段ボールが崩れるなどの被害が発生した。トラックのドライブレコーダーや防犯カメラの映像などから会田容疑者が浮上。詳しい犯行動機は調査中という。

この記事を共有する

おすすめ情報