PR

労災補償巡り詐欺未遂容疑 北海道労働局職員を逮捕 

PR

 北海道警岩見沢署は16日、労災保険の障害補償を請求した男性に、障害等級が上がり給付金が増額されたのは医師のおかげで謝礼を払う必要があるとうそをつき現金をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂容疑で厚生労働省北海道労働局職員の三塚健一容疑者(64)=江別市豊幌花園町=を逮捕した。

 逮捕容疑は岩見沢労働基準監督署の労災保険給付調査官だった昨年10月、医師への謝礼とうそを言い、障害補償を請求した男性(37)から現金40万円をだまし取ろうとしたとしている。男性が同11月、岩見沢署や岩見沢労働基準監督署に相談し発覚した。

 北海道労働局は同月、三塚容疑者を同局総務課に異動させていた。取材に同局は「事実関係を踏まえ厳正に対処する」とコメントしている。

この記事を共有する

おすすめ情報