PR

傷害容疑でNHK職員を逮捕 酔ってタクシー運転手殴る

PR

 東京都新宿区内の車道上を歩き、注意したタクシー運転手に消火器を投げ付けるなどして負傷させたとして、警視庁牛込署は15日、傷害容疑で、NHK報道局映像センターの鞘本(さやもと)諒介容疑者(32)=中野区中央=を現行犯逮捕した。同署によると、「酒に酔っていて覚えていない」などと供述している。

 逮捕容疑は、15日午前2時20分ごろ、新宿区矢来町の路上で、タクシー運転手の60代の男性の顔を殴ったり、消火器を投げ付けたりするなどし、軽傷を負わせたとしている。

 当時は帰宅途中だったとみられ、同署の調べに、「(前日の)14日は休日で、現場近くで友人2人と酒を飲んでいた」などと供述しているという。

 NHK広報部は「職員が逮捕されたことは遺憾。事実関係を確認し、厳正に対処する」とのコメントを出した。

この記事を共有する

おすすめ情報